キムチのダイエット効果

キムチは脂肪燃焼効果が高くてダイエット効果が期待できそうな食品ですよね。キムチを食べてやせたという芸能人もいます。でも、本当にキムチにダイエット効果があるのでしょうか。

キムチダイエットは食事にキムチを取り入れるだけのシンプルな方法です。1日に食べる量に決まりはありません。カプサイシンを取り入れることが目的なので、水キムチような辛くないものではなく、唐辛子を使用した辛いキムチを食べます。納豆に混ぜるなどすると食べやすくなります。

キムチの特徴は辛みです。この辛みは唐辛子に含まれるカプサイシンという成分です。カプサイシンには中枢神経を刺激して副腎からのホルモン分泌を促し、代謝を活発にする働きがあります。このことにより脂肪燃焼が期待できます。

カプサイシンが血糖値を下げるともいわれています。血糖値が高くなると血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンには脂肪をため込む働きがあるので、血糖値が高くなると太りやすいのです。血糖値の上昇を抑えればインスリンの分泌を抑えることができ、脂肪がたまりにくくなります。